ニキビを治すためには

思春期はニキビができやすい時期なのですが、皮脂分泌が過剰になることが主な原因とされています。

思春期の頃は体を作るために成長ホルモンが分泌されるため、それによって毛穴が詰まりやすくなりますし、アクネ菌が繁殖しやすくなるということです。しかし、20代になるとホルモンバランスが整ってくるため、このようなニキビはできにくくなります。

大人ニキビは大人になってからできるものなのですが、その原因は一つに絞れないと言われています。主に不規則な食生活や睡眠不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスなどが原因として挙げられます。また、間違ったスキンケアなどが原因となってしまうこともあるので注意しましょう。

ストレスや不規則な生活習慣で肌のターンオーバーが乱れてしまうこともあるのですが、ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのことであり、約28日周期で入れ替わるようになっています。ターンオーバーのリズムが乱れることにより、古くなった角質が溜まってしまいますし、角質層全体が厚くなって毛穴が詰まりやすくなってしまうとされています。

思春期ニキビと大人ニキビは、原因だけでなくできる場所も違うということです。思春期の頃は皮脂の分泌が主な原因であるため、皮脂分泌の多い額や鼻などにできやすいのですが、大人になると顎やフェイスライン、首筋などにできるという傾向があります。また、改善策もそれぞれ異なっているため、しっかり調べてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *